忍者ブログ
続けれるまで続けたい。東方シリーズ大好き人間、東龍之介の作業日記。
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

都内某所。
高級住宅が並ぶ中、ポツンと一棟だけ中世風のアパートがある。
洋風アパート『アルカディア』
ここの1部屋に住んでいるとある夫婦は、以前起きたある事件を解決した四英雄のうちの二人である。
夫の名前を、阿津馬。その嫁の名前を、彌菜美という。
ちなみに残りの英雄、穂久都と世依奈の二人は、実家のほうで幸せに暮らしているんだそうな。

「よっ…ほっ…!くっ…!ボ、ボム!」

パソコンに向かって、一人悪戦苦闘している彌菜美。
同人ゲーム『東方妖々夢』のEXステージをプレイ中である。
レバーを握るそのおぼつかない手は、長い袖をめくれば、もう少しプレイしやすくなるんじゃないだろうか?
と周りを不安にさせるようなプレイスタイルだ。

「がんばれー。応援してるぞ。テキトーに」

そんな後ろで洗濯物を干しているのが、夫の阿津馬だ。
洗濯し終わった服やズボンなどを叩いては伸ばし、叩いては伸ばしと、シワを伸ばしている。
彌菜美は、そんな阿津馬の声援(?)に答える余裕などあるハズもなかった。
彌菜美が今闘っている相手は『八雲 紫』という。ルナティックモードのラスボス。
設定では、境界を操る程度の能力を持つ、幻想郷最強の妖怪…らしい。

「あと…少し…!あと…すこ…し!やったぁー!終わったぁー!阿津馬ッ!ルナティッククリアしたぜ!」

椅子の背もたれに体を預け、両手を上いっぱいにガッツポーズを決める彌菜美。
それを見た阿津馬は、優しく微笑んだ。

「さすが彌菜美。もうルナシューターだな。」

阿津馬本人は、体験版しかやった事がないので、よくわからないみたいだが
彌菜美が成し遂げた凄さは理解している。
あの弾幕をよく攻略した。そう賛辞を送ろうとした瞬間である。

みょんッ…!

彌菜美の足元に見慣れたスキマが広がった。
東方の中の登場人物(妖怪?)八雲紫のスキマである。
間髪入れず、彌菜美は、スキマに吸い込まれるように落ちていった。

「うっきゃぁああああああ!?」
「み…彌菜美!?」

彌菜美が落ちた後、閉じかけたスキマに阿津馬も飛び込んでいった…。
-------------------------------------------------------------------------------------
東方幻想入り『幻想郷に消えた嫁を追って俺も幻想入り』外伝
彌菜美side第一話『闇の妖怪ルーミアちゃん』
-------------------------------------------------------------------------------------
ホーッホーッ…
ホーッホーッ…
ふくろうっぽい鳴き声が聞こえるなァ…。
それになんだか肌寒い…なんで俺外で寝てるんだろ…まぁいいや。起き上がろう…風邪ひいちゃう。

「よっこらせっくす…って、あれ?」

俺が回りを見渡すと、そこはどうにも見たことが無い風景。
あ、そうか、これはきっと夢だ。夢に違いない。最近夢見てなかったからなァ、一体どんな夢なんだろう。
俺はワクワクしながら辺りを歩いてみた。
人の気配は、無い。
生い茂る芝生と竹林に囲まれたこの場所は、一体何処なんだろう。
夜空に浮かぶまん丸お月様。どうか俺を誰かに会わせてください。
・・・なんてね。
その時だった。

ガササッガサッ…!

近くにある竹の間に人影が見えた。
素早い動き…まさか、あの時の獣…?いや、あれは俺たちが一匹残らず殲滅したハズ。
って、これは夢だった。何が来ても驚くことじゃあないじゃない。

「そこにいるのは誰?出てきたほうが身のためだぜ!」

俺がそう言うと、素直に出てきた。
…どこかで見たことがある。
両手を横いっぱいに広げ、ブーンしてる。
肩まで伸びたセミロングに金髪。赤いリボン。紅い瞳。
黒いワンピース…?

「あなたは食べてもいい人類?」

ルーミアちゃんだー!わー!いい夢だ!こんな夢を見れるなんてラッキーだぜ俺!
どうしよう!食べられちゃうかも!(笑)

「ねぇ、あなたは食べてもいい人類?」
「んっふっふ、じゃあルーミアちゃんは食べてもいい妖怪?」
「え?」

んっふっふ、混乱してる混乱してる。一度会ったら言ってみたかったんだよな、この台詞!
ルーミアちゃんは、んーっと、んーっとって言いながら何やら考えてる様子。
この後、きっと急に襲ってくるんだろうな。

「んもー!いただきまーす!」
「ほらきたー!…って…あら?」

俺に襲い掛かろうとしたルーミアちゃんは、何かにつまづいたわけでもなく
その場にバタンと倒れこんでしまった。一体どうしたんだろ?
俺はおそるおそるルーミアちゃんに近づき、体を触ってみた。

「熱ッ…!?…わっ!凄い熱だぜ!ルーミアちゃん!しっかり!」
「わ…わはー…」
「…ッ!」

弱弱しく今にも消えてしまいそうな声。
俺は、考えるよりも体が先に反応し、ルーミアちゃんをおぶった。
妖怪の医者といえば…あそこっきゃない!

俺が今ここにいる場所、幻想郷の中にある迷いの竹林に違いない。
まわりの竹や夜空に浮かぶ月を見てそう直感した。女の勘って当たるもんなんだぜ。
ルーミアちゃんはきっと、身体の調子がすっごく悪くて、ヤゴコロせんせの所に一人で行こうとしたんだ。
そう考えれば、こんなところにルーミアちゃんがいる理由が納得できる。
身体の調子が悪いから、人間も捕まえて食べる事が出来なかったんだろうな。

「待っててルーミアちゃん!すぐに連れて行くから!」
「・・・」
「…!永遠亭は何処だぜぇぇぇぇぇ!!」

続く!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TOHO CLOCK
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[12/26 阿津馬]
[12/24 モヤイ]
[12/22 黒マメ]
[12/21 ヴォルフ大佐]
[12/21 ヘリを]
プロフィール
HN:
東龍之介(某所では阿津馬)
性別:
男性
自己紹介:
札幌の東側に生息中のギガボンビーです。
いつか北海道にいる皆で同人誌作りたいですね。
画力上げ計画続行中。

リンクフリーにしました。
ご感想・メッセージなどは
aduma536@hotmail.co.jp
までお願いします。
カウンター
忍者ブログ [PR]