忍者ブログ
続けれるまで続けたい。東方シリーズ大好き人間、東龍之介の作業日記。
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『大クロスオーバー企画「紅魔傀儡異変」』

どうもさん、春雨さんの真似をするわけじゃありませんが、あそこまで共有した時間を持つと
気持ちがいいものです。(そのぶん大変ですけどね)
そこで、こんな企画を立ち上げてみました。

阿津馬の動画では第5話終了後、紅魔館で紅美鈴と絡むイベントを予定しておりまして
そこで、ちょっとした事件を起こそうと思ってます。

簡単に説明します。

阿津馬が紅美鈴を取材中、急に紅魔館が黒い霧につつまれた。
異変を感じた紅美鈴と阿津馬が紅魔館に行くとそこには殺意に満ちた東方キャラ達が。
何故かコチラを攻撃してくるレミリアやパチュリー達をかわしながら、他の幻想キャラ達と協力し
東方キャラ達を正気に戻します。

協力者を募集します。

「参加条件」
・幻想入り中、現在紅魔館内もしくは近くにいる幻想入りキャラ。
・これから紅魔館に向かっている幻想入りキャラ。
・打ち合わせ等したいので、IRCを導入できる方。
・楽しく作業が出来る方(爆)
・ノベル・紙芝居どちらでもOKです。

視聴者の為とかそういうのではなく、こういう事やったら面白くね?みたいなノリです。
阿津馬と一緒に紅魔館の異変にチャレンジしてくれる方大募集でございます。

現在協力してくれるのが確定の方。
・たくとさん
・どてらさん

おおまかに以下のような流れになると思います。
VSレミリア・スカーレッド組
VS十六夜咲夜組
VSパチュリー・ノーレッジ(小悪魔)組
VS河城にとり組
VSフランドール・スカーレッド組(これは検討中です)

紅美鈴は外にいる為影響を受けていないので、幻想側です。
河城にとりは、ある事情により紅魔館にいるので、東方側です。
フランドール・スカーレッドは、話合いやストーリー上の展開により、幻想側になるかもしれません。

楽しんでやりませう。
参加したい方は、メッセのほうでメッセージをください。アドレスはプロフィールのところにあります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TOHO CLOCK
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/26 阿津馬]
[12/24 モヤイ]
[12/22 黒マメ]
[12/21 ヴォルフ大佐]
[12/21 ヘリを]
プロフィール
HN:
東龍之介(某所では阿津馬)
性別:
男性
自己紹介:
札幌の東側に生息中のギガボンビーです。
いつか北海道にいる皆で同人誌作りたいですね。
画力上げ計画続行中。

リンクフリーにしました。
ご感想・メッセージなどは
aduma536@hotmail.co.jp
までお願いします。
カウンター
忍者ブログ [PR]